田之畑クリニック

099-267-3700

施設案内

CT、RI、DR(X線テレビ)、X線撮影装置、腹部エコー、胃内視鏡、気管支内視鏡などの医療機器を導入。

一般撮影(レントゲン)

胸部、腹部やいろいろな部位の撮影を行うことができます。

当院は従来のX線撮影に比べて、撮影部位ごとに細かくコンピュータで処理した画像が作成できます。

一般撮影(レントゲン)

デジタルX線テレビ装置

当院では最新のデジタルエックス線テレビ装置を設置しています。

この装置は従来より少ないX線で的確な撮影が行え、食道・胃・腸などの消化管の状態や肝臓、膵臓、腎臓などをとりまく血管の様子を動いている状態でそのままリアルタイムでみることができます。

撮影画像はコンピュータで処理記憶し、クリアな画像処理が出来るためわずかな病変も見逃しません。とくにこの装置はデジタル方式なので迅速な検査が行えます。苦痛がないこと、短時間で検査ができることなど患者さんに不安感を与えず、効果的な診断が下せます。

デジタルX線テレビ装置

CT装置

このCT装置は、瞬時に細かく撮影できるマルチスライス技術を搭載していますので、撮影時間の大幅な短縮が可能になり最高レベルの検査が行えます。頭部、胸部、腹部など全身の断層像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られ、患者さんは寝台に寝ていただき、安心して検査が受けられます。

CT装置

超音波装置

超音波検査は、患者さんの身体的負担が少ない安全な検査です。

肝臓や胆のう、膵臓、腎臓、脾臓などの上腹部、膀胱や前立腺、子宮、卵巣などの下腹部の検査が行えます。

超音波装置

RI装置

当院では、各種疾病の発見に威力を発揮する2検出機型デジタルガンマカメラを設置しております。

この装置は、放射性医薬品(RI)を人体に投与し、その分布状態を体外から検出し、コンピュータを使用して、脳、心臓、肺をはじめとする全身各部位の血流量、代謝機能、および腫瘍の有無や骨の病気などを診断します。

患者さんは横になるだけで、苦痛を伴わず安心して精密検査が受けられます。

RI装置